緊急メール通報システム
ホームホーム お問い合わせお問い合わせ




ホーム > 緊急メール通報 > システムの概要

システムの概要

緊急メール通報システムは、火災などの緊急事態が発生した場合に 近隣協力者にいち早く助けを求めると同時に、関係者に速やかに連絡し、消防署等への確認を確実にするためのシステムです。

緊急メール通報システムの概要(グループホームでの火災発生の場合)





火災などの緊急時、緊急メール通報装置は救助行程を短縮します。


@ 近隣協力者に通報し、助けを求めます。
非常ボタンを押すだけで、赤色ライトおよびサイレンが鳴り続けるので、近隣者に異常事態を告げることができ、さらに介護者は人命救助に多くの時間を費やすことができます。



【赤色フラッシュライトおよびサイレンの特徴】
(1)停電時でも作動します。
(2)非常ボタンは屋内または屋外に複数台 設置することができます。


※時間帯によっては極めて少人数で対応しなければならない施設等では、火災発生時に近隣協力者に知らせることは大変重要です。



A 同時にメールにて通報し、消防署への確認・支援活動を行います。
事前に登録しておいた方へメールを送信します。
送信は自動で行うので、関係者に異常事態を告げることができ、入所者のご家族の方への連絡も迅速に行うことができます。


【赤色フラッシュライトおよびサイレンの特徴】
(1)メール送信先は500ヶ所まで設定できます。
(2)メール送信先や内容は自由に変更できます。
(3)停電時でもメール送信可能です。
(4)1日1回 自動的に定期検査用のメール送信を行い、常に緊急事態に備えます。


※ 入所者のご家族の方にメール配信することもできます。



プライバシーポリシー | お問い合わせ 
COPYRIGHT(C) 2006-2009 em500.com ALL RIGHT RESERVED.